本文へ移動
社会福祉法人 深敬園
〒409-2524
山梨県南巨摩郡身延町身延3637
TEL.0556-62-1134
FAX.0556-62-1135
・障害者トータルサポートセンター
      かじか寮 
・就労継続B型 
      Bread&Butter
・居宅支援サービス
      福祉ネットスマイル
・居宅介護支援事業所
      かじかサポート
・訪問看護ステーション
      かじかナースステーション
 
      
0
0
8
2
8
4
3

今月の言葉

2020年4月の言葉 余命(よめい) 

 人は例外なく生まれた瞬間から残された余命を生きている。余命がどれくらいなのか天(てん)のみぞ知る(これを天命という)。限られた時間のなかで、何をするのか。生まれたことの意義を噛みしめながら生きよう。
 後期高齢者の仲間入りをして2年、喜寿を迎えることが出来た。正直には、今年の9月30日に満77歳になる。ただし、還暦、古希、喜寿、傘寿・・・は数え年で言祝ぐのですでに立派な喜寿である。
 振り返ってみると最近の文章は「人生とは」といったいかにも説教じみたものが多くなってきている。若い世代には、大きなお世話、年寄りの戯言(たわごと)だと思われるだろう。じじいが偉そうに、たいした人生も送っていないくせに・・・かもしれない。ただ、玄冬(人生を青春、朱夏、白秋、玄冬の四期に分ける)のまっただ中にある人間として、それなりに人生を語ることも大切、否(いな)語らなければいけないと思う。
 年をとるということは身体に不調を抱えるということだ。これは日々幾万?とういう細胞が死滅しているのだから仕方のないことである。そういう私も例外ではない、のが悲しい。ただ、日々の努力によって老化の速度を遅らせることは出来る。免疫力を高めることで病に罹るリスクを減らすことも可能である。長生きして何かいいことあるのか。いいことって何だ。それを知るのが人生である。ある日突然大風によって命の灯火が消される、こんなことは枚挙に暇(いとま)がない。日蓮聖人曰く「老いも若きも定めなきならいなり」である。余命がどれくらいかわからないから日々を惜しむのである。一日々を大切に生きるのである。そして朝目が覚めたとき今日一日命が与えられたことに感謝し、文字通り命をかけて生きることである。

2020年5月の言葉 身近なあたりまえの幸せに気づかないと もったいない人生になる

 新型コロナウイルスのパンデミックによりあたりまえの日常があたりまえでなくなってしまった。考え方を変えれば、今回の危機は私たちの生き方を変える良い機会になると思う。否、好機にしなければならない。足下をしっかり見つめて歩くことで名も知らない草花の美しさに感動し、小さな虫の存在にも目が行くようになる。そして私たち人間も草花や虫たちと同じ自然界の種に過ぎないことに気づくべきである。
 今回のような危機に出遭うと、生活するのに便利な都会に住むことが果たして幸せなのか考えさせられる人もいると思う。限界集落と呼ばれるような田舎に故郷がある人達にとってはチャンスかもしれない。田舎には仕事がないと言い訳をする前に体験をしてみることだ。自然に囲まれて生きることがこんなに心地良いことだと思わなかったと実感するはずである。
 田舎は不便だ。よく聞く言葉だ。本当に不便だろうか。確かに都会の生活に比べたら不便かもしれないが、こんなものだと腹をくくってしまえば生きていくのに不便のことははそれほどない。勤め先も贅沢さえ言わなければ食べるのに困らない程度の収入は得られる。手前味噌であるが。我が社会福祉法人深敬園は、介護のなり手がないのでいつも人手不足である。3K(きつい、汚い、金が安い)と言われて久しいが、それは過去のことである、と思っている。確かに介護の仕事はきついと思う。でも世の中にはもっときつい仕事は五万とある。炎天下で働かなければならない仕事のことを思えば決してきついとは言えない。汚い。排泄の介助を含め、汚いと言えば言えなくもないが捉え方次第である。金が安い。でもないです。勤続年数にもよりますが。年収300万円以上はあります。600万円の職員もいますよ。
 
TOPへ戻る