社会福祉法人 深敬園
〒409-2524
山梨県南巨摩郡身延町身延3637
TEL.0556-62-1134
FAX.0556-62-1135
・障害者トータルサポートセンター
      かじか寮 
・就労移行・就労継続B型 
      Bread&Butter
・居宅支援サービス
      福祉ネットスマイル
0
0
6
2
6
8
8

理事長ブログ

理事長ブログ

えっ、今年も行くんですか~

Grand Canyon
 70歳(平成25年)でアメリカ国立公園の旅を再開しました。
30歳の時経験したアメリカの旅を追い続けて40年!事情によって中断した事もありましたが、魅力から逃れることは出来ませんでした。海外旅行というとバカンスをイメージすると思います。実際羨望と嫉妬の目で見られます。でも実態は天と地ほどの差があります。
 ツアー参加の旅行ではありません。自分で企画して、自らの知恵と体力、精神力で行動する。だから添乗員はいません。準備段階から全部自分でしなければなりません。パスポートの取得、インターネットによるESTA(ビザ申請)、これは旅行業者が代行してくれますがそれでは意味がありません。自分ですることに意味があります。手続きに誤りがあれが空港まで行っても入国が出来ません。ドキドキものです。
 スケジュール作成
 どこにどのような順序で何泊するのか。どのホテルに泊まるのか。そのホテルが実際その町のどこにあるのか。次の宿泊地までどの道路を通って行くのか。何マイルあって、何時間かかるのか。実際に行ってみたら工事中で通行止めだったこともありました。予定していた公園が山火事のためホテルはもとより、公園にすら行けなかったこともありました。そんなときどうするのか。
 国外免許証の取得
 これはとても簡単です。即日取得できます。
 クレジットカード
 ほとんどの人が持っている。これは誰にでも出来ることです。ただし、2種類持って行こと(使えないと言われることがあります)
 クレジットカードは身分保障の役割を果たしますから必需品です。
 両替
 アメリカドルへの両替は日本の空港で出来ます。いくら両替したらいいのか。紙幣の種類は100,50,30,20、10、5、1ドル紙幣と50,25,10、5、1セントコイン
 コインは両替できませんから紙幣を交換してもらいます。どの紙幣を何ドル両替するのか、これも自分で決めなければなりません。
(以下次号に続く 乞うご期待)

そうです、今年も行くんです!

Vishnu Templeを望む(ほぼ中央のお椀型の山)
 両替する紙幣は、1ドルが20枚、5ドルが10枚、10ドルが10枚、20ドルが10枚、50ドルが5枚、100ドルが3枚位が良いと思います。
 スマートフォン
 ドライブには必需品です。都市では、ほぼ完全に使えますが、私の場合国立公園がメインなので使えない場合が生じます。今回はGrand Canyonの近くの町Willamsで使えなくなってしまい職場との連絡が取れず混乱しました。日本の空港でWi-Fiを借りていくといいかもしれません。ただ、Wi-Fiの設定の仕方を覚えてしまうと案外簡単にやり取りができるようになります。私の場合、ホテルに着いたら受付のスタッフに設定の仕方を教えてもらいます。意外とラインが重宝します。写真もその場で送れますし、ライン電話(無料)も出来るので是非加入した方がいいと思います。
 アメリカの車に付いているナビゲーションは、正直言ってとても使えた代物ではありません。日本のナビゲーションの慣れている人には扱いにくいこと極まりありません。
 そこへいくと、スマホのナビは、国内と全く変わらないのでととも便利です。ただし、充電はこまめにすること。シガーライトに取り付ける充電器を持ってると少しは安心ですが、長時間のドライブでは不安です。長時間ドライブの時は、頻繁に休憩をとって、マクドナルドなどで休憩しながら充電します。最近ではコンセントが備え付けてあるお店が増えてきました。
 給油
 気をつけなければならないのは給油です。国立公園は、ほとんどが辺鄙な場所にあるので1時間走ってもガソリンスタンドが見つからないなんてざらです。人家のない道路をただひたすら走るのですから燃料ゲイジとにらめっこすることもしばしばです。最近は慣れてきましたので、ゲイジが半分を指したら給油することにしています。概ね20ドルあれば足ります。ここで20ドル札が便利なんです。
(以下次号に続く 乞うご期待)